月別アーカイブ: 2017年4月

苔玉&スモール盆栽を取る儀に参加しました。

市が行っている苔玉とスモール盆栽を見つける機会に参加してきました。
ずっと苔玉は作りたいとしていたのですが、
人気があるので、募集していても、すぐに定員に達してしまい、
なかなか関与出来ずにいました。
今回は、あまり知られていないのか、
わたしが客寄せがかかっていると知った時点では定員に達していなくて、
応募することが出来ました。
しかも市が行っている界隈なので、
別でしていらっしゃる界隈よりも安くうけることが出来たと思います。
苔玉は考えるのが難しかったですが、
盆栽は自分でも作れそうだし、費用も500円と掛からないというので、
また誰かにヘルプとしても譲り渡すことが出来そうですなと思いました。
加工時間も、30分ほどで出来そうですし。
苔玉は、また何処かで、再度、製法を学びたいと思います。
また、今後も、こういう機会を繋がるに関してらしいので、
参加したいと思います。
講習終了後に、散々苔が残っていて、
もう使われずに、処分するとのことでしたので、
散々苔を頂いて帰りました。
普段、御ヘルプになっている手法に謝意として、
喜んで頂けるかどうかは分からないですが、
テラリウムや盆栽を作って渡そうと思います。

苔玉&スモール盆栽を決める事柄に参加しました。

市が行っている苔玉と耳より盆栽を取る事件に参加してきました。
ずっと苔玉は作りたいとしていたのですが、
人気があるので、募集していても、直ちに定員に達してしまい、
なかなか関与出来ずにいました。
今回は、あまり知られていないのか、
わたしが客引きがかかっていると知った時点では定員に達していなくて、
応募することが出来ました。
しかも市が行っているエリアなので、
他でして掛かるエリアよりも安くうけることが出来たと思います。
苔玉は取るのが難しかったですが、
盆栽は自分でも作れそうだし、費用も500円と掛からないというので、
また誰かにキャンペーンとしても差し出すことが出来そうですなと思いました。
細工時間も、30食い分ほどで出来そうですし。
苔玉は、また何処かで、再度、処方を学びたいと思います。
また、今後も、こんな事件を浴びるについてらしいので、
参加したいと思います。
講話終了後に、様々苔が残っていて、
もう使われずに、処分するとのことでしたので、
様々苔を頂いて帰りました。
毎日、御手当になっているサイドに御礼として、
喜んで頂けるかどうかは分からないですが、
テラリウムや盆栽を作って渡そうと思います。

側がお財布を盗られたと知って俺が感じた事

私の数少ない母味方の独自から、メルアドが届きました。
なんと、我が家のすぐ近くの百円会社で買い物しようとしてたらお財布を盗られてしまったから、わたしにも注意してねというのです。
その話を聞いてすごくびっくりしました。
まあそんなことは滅多にない事ですから。
でも私も、もう10層ほど前に一度だけ手提げ袋をバイクに乗った男子たちに盗られてしまった経験があるのです。
だから、周辺が気の毒でなりませんでした。
お財布盗られた周辺は、財布に入れていたお金が無くなり、キャッシュカードの消費中断過程もしなくてはならないし、ライセンスも入っていたからしばらく車種も運転できないと嘆いていて本当に容赦しました。
でも、わたしがついそれよりも気になってしまったのは何かと言うと、盗まれたなんてどうして分かったのかな?についてでした。
だってスリなら気づかない内に盗られてるのだろうし、もしやただ落としただけでは?としていたのです。
でも、事後よくよく聞いてみると、お財布を取ろうと手提げ袋を開けた通り製品を眺めていたら、知らないおじいさんが妙にボディーをくっつけてきて、途端お財布を盗んで逃げたのだそうです。
どこかで自分で落として気がついてないだけでは?なんて憂うようなこと、落ち込ん現れる彼に言わなくて本当に良かったなと思いました。

装飾ボール作りにチャレンジしました。

飾りボール仕組の事象に参加しました。
紙ナプキンを切って球体に糊をつけて貼って出向くという物品でした。
そんなに費用が鳴るものではなく、
誰かに、小さな贈呈をするのに良いなと思ったのと、
簡単に出来そうだったので参加することにしました。
処方を覚えてしまえば、自分でも作ることが出来るので。
球体の射撃スチロールに貼るので、
容積が大きいと皺になってしまいます。
用紙なので、あまり糊を貼り付けすぎると破れてしまいます。
それ以外に気を付けることは特になく、
素材さえ備えることが出来れば家でも出来るので、
また作ってみたいなと思いました。
今回はクリスマス事前として、
サンタちゃんの画図がかいて残る紙ナプキンでしましたが、
好きな上でしたら、通年インサイド助かる飾りボールが作れたりもしますし。
いろいろ、英知を考えて、
自分流の飾りボール仕組を通していきたいなと思いました。

新しい表通りのスキル箇所へ行きました

周辺から教えて貰った東京の器量地区へ、初めて行ってきました。行ったことがない街角、千駄ヶ谷は、思っていた以上に都心にありながらも、緑がいっぱい生じる街角で、駅舎を降りたひとときから、何かを感じました。行先の鳩森神社へ直行すると、中には幼稚園があるようで、アダルトで賑わっていましたが、神社の模様はとっても異常残る雑貨でした。ここに来たら行かなくてはと言われ、登った暁には富士山と同じ御利益があると言われているところへ登りました。なんだか、一般を忘れ去ることができるような心になりました。千駄ヶ谷は、とっても美味しそうな食堂がたくさんあり、昼食をする近辺も迷ってしまいました。一度ではとても巡ることができず、何度も何度も足を運びたい街角だと思いました。絶対に次回は、所帯を連れて、皆で参宮をした後に、また美味しいものを食べたいと思います。何度も何度も行きたいと思わせてくれる鳩森神社にサンキュー。

食べ飽きて仕舞う年始のお抱えの様々なやり方

おめでたい新年に採り入れるお抱えが、なかなか減らない経験があると思います。 お汁粉や焼きのりでは食べ飽きて仕舞うお抱えのちょっと変わった製法をいくつかご紹介します。
「抱えピザ」
お抱えを産地に見立てて、とけるチーズやピザ根幹を塗りトースターで焼く、ピザダシの比較的おなじみの食べ方だ。
「抱えチーズ」
お抱えをはじめ口サイズに細かく刻み、チーズや明太子と合わせ、和え物やお好み焼きとしていただきます。
「抱えマリネ」
お抱えとシーフードサラダは意外と合い、イタリアンやサウザン系のドレッシングがお勧めです。 レタスやトマト等の生野菜とも因縁がとても良く、ヘルシーなでき上がりになります。
「抱え田楽」
予めこんにゃくや大根と共に茹でて柔らかくしたお抱えに田楽みそをたっぷりとかけて取るみそ田楽もどきだ。
「なんちゃってあんみつ」
餡や黒蜜と絡み易く白玉よりも香ばしい小さく切ったお抱えをあんみつ風にして摂るスウィーツだ。
 お米のテーストも小麦粉の風合いも兼ねた優しいテーストが魅力のお抱えは、煮込んだり炒めたり、様々な食物とも上手く整います。 正邪、様々な製法を試行錯誤して下さい。

飾りボール分析にチャレンジしました。

装飾ボール組み立ての席に参加しました。
紙ナプキンを切って球体に糊をつけて貼って行くという物質でした。
そんなに費用が掛かるものではなく、
誰かに、ちょっとした進呈をするのに良いなと思ったのと、
簡単に出来そうだったので参加することにしました。
レシピを覚えてしまえば、自分でも組み立てることが出来るので。
球体の射撃スチロールに貼り付けるので、
容積が大きいと皺になってしまいます。
用紙なので、あまり糊を貼り付けすぎると破れてしまいます。
それ以外に気を付けることは特になく、
エキスさえ用立てることが出来れば家でも出来るので、
また作ってみたいなと思いました。
今回はクリスマス前ので、
サンタ様の図形がかいて居残る紙ナプキンでしましたが、
好きな上でしたら、通年まん中助かる装飾ボールが作れたりもしますし。
いろいろ、知識を考えて、
自分流の装飾ボール組み立てを通していきたいなと思いました。

女の月の物回転を把握して置きたがるダディーの原因

うちでは、旦那は私の大体のメンステンポを把握しています。
ボクが、もうすぐメンス始まるかなと思ってると、そろそろそんなタイミングなんじゃない、とボクに言ってきます。
もっと若い頃に付き合っていた男性は、女性のメンスなんて何となく恥ずかしくて大っぴらに聴きたくないと言っていたのが私の中では印象的なので、旦那が憶えておこうとするのが不可解でした。
でも、それは実はメンスが始まる少し前の頃から私の機嫌が悪くなりやすいタイミングだというのを理解しておこうと思ってるらしいです。
ボクがいつもより怒りっぽくても、なるほどこれはメンスが近いから苛立ってるのかなと受け取りやすいのだとか。
確かに、私も自分がふとした状況に対してやけに苛立ってるらメンスのせいかなと想うことがあります。
それをボクがわざわざ届け出しなくても旦那が察知して許してもらえるなら有難いとも思っています。
でも、やっぱりなんか夫からメンスについて知られてると違和感を感じて仕舞うボクなのでした。

処分するのに考え込むシーン、どうする?自分。

親元の住居のいらないものを少しずつ処分して掛かる。
昨年から、ずっとです。
押入れから、来るわ芽生えるわ、得体の知れないものが。
兄達が昔遊んだ、めんこ(パッチっていうのかな?)
ボーイスカウトの服、その時使ったのかもしれない、飯盒までいる。
ビー玉、よく取っておいたものだ。これは処理決める。
ガイドブックまでいらっしゃる、今更これで学習もないだろうから、捨てよう。
ええ?これは!あたいが書いた図形があった。
これはとっておいて、飾っておこう、おや懐かしい。
外に、泥にまみれてあたいが作ったと思われる、陶芸品物があった。
綺麗に洗って、グッズ書き入れに決める(自分のは、丁寧に立ち向かう)
三個人兄妹だったので、昔の色んなものが、三ダブルあるのだ。
兄たちのは、さっさと捨ててゆく、しかし自前は、捨てられない。
何なんだろうね、執念があるのか?
あっ!こ、、これは、
小学生1年のときの、国語の試作が、私のニックネームです。
これは、、捨てよう。
百事項だったら、記憶にしようとも思ったが、
な、目的ないでしょ。
都合の悪いものは、闇に葬り去るのだ。
もう試作が出てきませんように。

主食の代わりに罹る冬の早朝のお決まり話題サンド

諸君、寒い冬にやや厚めの食パンにハムやチーズ等の用具を挟み、ホットサンド製造元でこんがり焼いたホットサンドはいかがですか。 サンドウィッチと異なり、主食の選択肢となる朝方の通常内容だ。
 元来海外でポピュラーなメニューでしたが、近年では、簡単に焼けるだけではなく、美味しく体裁もおしゃれな会社が若い女性に人望として、専用のホットサンド製造元が販売されています。 サンドウィッチのカギで好きな用具材を食パンに挟み、ホットサンド製造元で焼いたホットサンドに、取り付け合わせのサニーレタスやプチトマトを入れると、何とも可愛らしい朝めしプレートの完了だ。 しかし、ホットサンド製造元が無くても、フライパンで更に簡単に焼けるレシピもあり、探してみるのも楽しいかもしれません。
 香ばしく温かみのある風味のホットサンドの中身をケーキ感覚でマシュマロやチョコレートとして見つけることもお勧めです。 寒い冬の朝方は、温かいホットサンドで、特別の暖を取ってみてはいかがでしょうか。