大きな声で歌ってストレス解消(40代会社員)

ゴスペルを歌っています。
歌をうたう事はおなかから声を出すので、腹式呼吸を使います。
呼吸を整える事ができるので、それだけでも心身のストレス解消になります。

ストレスが多い社会で、今大きな声を出す事が流行っているようです。
もう一つゴスペルが支持されてきている理由として、ゴスペルは、黒人の想い、キリスト教の聖書に由来している歌詞なので、普通のラブソングなどとは少し異なると言う事です。
日本と文化も環境も違う国で歌われてきた歌ですが、その思いは、現代のストレスフルな社会に通じるものがあるのではないかと思います。

あるゴスペルを教えている人はゴスペルは人生を歌うといっていました。
人生を歌うと言う事で、年代も性別も関係なく飛び越えられるような気がします。

50代のおじさんがAKB48の歌を歌っていても、40代のおばさんがジャニーズの歌を歌っていてもそれはそれで楽しめると思います。
しかしそれでは色々な経験をした人生を過ごした人には物足りなくなる部分もあると思います。
ゴスペルはその部分を埋める事ができると思っています。

また10代20代の子供たちでもこれから起こるであろう試練や苦しみなどゴスペルを歌うことで、これからの人生を乗り越えていく力がつくのではないでしょうか。
ラブソング以外の楽しみ方がありますね。
みんなが一つになってゴスペルを歌う事で一体になれる気がします。
殺伐とした社会になりつつある今だからこそ、私を含めゴスペルにハマる人が増えているのではないかなと思います。