キッチン菜園で心と体に潤いを

キッチン菜園にハマっています。

きっかけは、残り野菜の活用法という紹介をTV番組でみたときに、経済的で環境にも良さそうなWエコだなと思ったのです!
簡単にできそうだったので飽きっぽい私でも、できるかも!と思い始めてみました。

一番はじめに挑戦してみたキッチン菜園は残った人参でした。
葉っぱがついていた方の人参を一センチくらい切って、水につけておくだけというものです。
ときどき水を変えるだけで人参の葉っぱがちゃんと育ちました。
栄養価が高い人参の葉は天ぷらに大活躍で、重宝しているんですよ。

大根も同じ要領で、簡単にやっています。

慣れてきてからは、憧れのハーブもキッチン菜園の仲間に加わりました!

バジル、パセリ、ローズマリーなど乾燥ではなく、ナマのハーブでお料理すると味わい深い仕上がりになるので、趣味のキッチン菜園が、美味しい料理にもなるし一石二鳥なんです。

今は、入れ物にも凝ったりしています。
かわいいデコレーションで我が家のキッチンにあうように統一感のある容器にいれています。

緑があると狭いキッチンも、活き活きとしてきて潤いがでてきました。
当分、ハマり続けそうな私の趣味です。

通常ならポイすての野菜の皮で食卓に一品追加

今、野菜の価格が高騰している事、夫のメタボ改善策、そして私の美容の為に、野菜の栄養が皮の近くに一番多くある事から、今までポイ捨てしていた野菜の皮を利用したメニューを考案して、毎日一品食卓に出す事がハマっている趣味です。

例えば、大根の煮物を作る時に出る皮と、人参を皮をむかずに千切りにして、お塩とカツオ出汁の粉末、七味を加えて、ビニール袋の中でよくモミモミするだけで、即席お漬物。
同じ材料で、みりん、出汁、オリーブオイルを数滴たらして炒めれば、美味しい大根と人参のきんぴら。
生姜も皮つきのままで薄くスライスして、みりんと出汁、薄口醤油と水で煮詰めれば、美味しい生姜の佃煮といった具合です。

明日は、今晩冬の時期にぴったりの蕪蒸し煮を作った時にでた、蕪の皮と葉、それにゆずの皮を刻んで寿司酢と刻み昆布と共に、今晩中にタッパーに漬けて、蕪の皮の甘酢漬けを食卓に出す予定です。

こんな風にしていると生ごみも少なく、節約も出来、なんといっても野菜の一番多く含まれている栄養が摂り入れられて、わが家にはいい事ずくめ。
夫も毎日、どんな野菜の皮でアレンジ料理が食卓に出て来るのかといつも楽しみに帰宅してくれるので、当分、私の野菜の皮利用料理は続く事でしょう。

運動不足解消で始めたエクササイズが真剣ダイエットに!

運動不足を解消しようと思い始めたエクササイズ。
しかし今はダイエットとしてかなりハマっています。

運動はほぼ毎日、家の中でエクササイズビデオをみながらしています。
体脂肪を減らす有酸素運動や、筋トレなどを自分なりにメニューを作っています。

始めは、軽く運動をする程度でしたが、最近は毎日体重計に乗り、ダイエット日記のような感じで記録もしています。
少しでも体重や体脂肪が減りだすと、とてもヤル気も沸くものです。

きつくなったジーンズがはけるようになるまでエクササイズをすることが目標ですが、真剣に取り組む為にダンベル、トレーニングウェア、なども新調しました。

いつも使っているビデオは、かつて流行したビリー隊長のブートキャンプ。
エクササイズをはじめてから、約2ヶ月、体重はあまり変わらないのですが、健康的にはとても効果があると信じています。
気のせいか、お腹のたるみも解消されているようです。

運動の効果を上げるために、脂肪燃焼しやすい食事をしたり、自分ではかなり今回は真剣に取り組んでいるつもりです。
そもそもヤル気になったのは体脂肪計を購入した時のこと。
初めて計ったときに、標準を超えていたために、かなりショックを受けたことが理由です。

家族は喜ばないけど健康促進なスムージー作り

最近スムージーが流行っているので、とても興味を持っていました。
普段から野菜不足がとても心配で、特に子供は充分に野菜を食べていないために、スムージーで日頃の野菜不足の解消にハマっています。

グリーンスムージーは体にとても良いので、緑系の野菜を多く使っています。
ブロッコリ、セロリ、キャベツなど、安売りをしている野菜を見つけてはスムージー用に買いおきをしています。
野菜とヨーグルト、もしくはトマトジュースなど、味よりも栄養分を重視しているために、決して美味しいものでありません。
そのために、家族からはまったく評価ゼロ状態です。

しかし、処分に困った野菜や果物を使うことが出来ますし、便秘の解消にもなります。
もちろん、真剣にダイエットとしてスムージーを飲むことも可能です。

色々なメリットがあるので、毎日作っていますが、最近では自分しか飲まないために、かなり味のクオリティが低くなっています。
でも苦手な野菜を一気に飲むことが出来ますし、忙しくて朝食を食べないときには、スムージーがとても活躍します。
使う材料は自分の好みで大丈夫。
値段が安い果物、特にバナナなどもスムージーにはぴったりですね。

大きな声で歌ってストレス解消(40代会社員)

ゴスペルを歌っています。
歌をうたう事はおなかから声を出すので、腹式呼吸を使います。
呼吸を整える事ができるので、それだけでも心身のストレス解消になります。

ストレスが多い社会で、今大きな声を出す事が流行っているようです。
もう一つゴスペルが支持されてきている理由として、ゴスペルは、黒人の想い、キリスト教の聖書に由来している歌詞なので、普通のラブソングなどとは少し異なると言う事です。
日本と文化も環境も違う国で歌われてきた歌ですが、その思いは、現代のストレスフルな社会に通じるものがあるのではないかと思います。

あるゴスペルを教えている人はゴスペルは人生を歌うといっていました。
人生を歌うと言う事で、年代も性別も関係なく飛び越えられるような気がします。

50代のおじさんがAKB48の歌を歌っていても、40代のおばさんがジャニーズの歌を歌っていてもそれはそれで楽しめると思います。
しかしそれでは色々な経験をした人生を過ごした人には物足りなくなる部分もあると思います。
ゴスペルはその部分を埋める事ができると思っています。

また10代20代の子供たちでもこれから起こるであろう試練や苦しみなどゴスペルを歌うことで、これからの人生を乗り越えていく力がつくのではないでしょうか。
ラブソング以外の楽しみ方がありますね。
みんなが一つになってゴスペルを歌う事で一体になれる気がします。
殺伐とした社会になりつつある今だからこそ、私を含めゴスペルにハマる人が増えているのではないかなと思います。